<% content.title %>スポンサードリンク




アウトドア&フィッシング ナチュラム

カレイ釣りの仕掛け

カレイ釣りの仕掛けについてです。

基本的な仕掛けの作りかたは、本を1冊買った方がいいでしょう。

アマゾンでも1,500円以上は無料発送してくれます。

市販のカレイ釣り仕掛けを使うのもいいですが、やはり釣りを楽しむのであれば自分で作ることをお薦めします。

釣り針の数も自由に作れますし、釣り針の号数とハリスの号数を自分で決定できたり、エダスの長さも自由ですから。

さて、カレイはエサのニオイ以外、視覚も重要な要素になるようです。

たとえば、チヌ(クロダイ)の投げ釣りのように極力自然にエサが漂うようシンプルな仕掛けがあります。

カレイ釣りでも同じように考えてシンプルな仕掛けを使った場合、実はあまりつれません。

赤のビニールチューブや蛍光ビーズなどで派手にした仕掛けと比較した場合、派手な仕掛けに分があります。

カレイの視力はいかほどなのか?知りませんが、何か派手なものがユラユラと動いている・・・・これに反応するようです。

カレイの本能なのか?好奇心なのか?
結果として派手仕掛けにカレイの釣果は軍配が上がります。

色々工夫して効果検証するのもまた楽しです。

カレイ仕掛けの工夫のイメージは、実際にエサを喰う部分(針〜エダス)はシンプルに、それ以外の部分で目立つ工夫を。

■スポンサードリンク■



posted by ラテスJP at 18:30 | カレイ釣りの仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
<% content.title %>スポンサードリンク


カレイ関連書籍
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。